ニシカズの「YouTubeマーケティング研究所」

YouTube界の情報や動向に特化した情報を発信や!!

【重要】YouTubeの再生回数や登録者数を増やす方法!1番大事なアナリティクスの2つの数字!

ちゃお☆

「YouTubeマーケティング研究所」のニシカズ です♪

 

YouTubeで、今回のブログの詳細解説してるよ♪


【重要】再生回数や登録者数を増やす方法、1番大事なアナリティクスの2つの数字!

 

 

今回は、再生回数や登録者を増やす方法!

1番大事なアナリティクスの2つの数字!

「登録者数や再生回数しか見てないから失敗するんだよ!」

というテーマで行きます。

 

この話めちゃくちゃ重要な話し、

ほとんどの初心者ユーチューバーは、

これを分かってないから失敗するんだよね。

 

 

こんな話し聞いたことないかな?

「アナリティクスのデータをしっかり見て

もっと自分の動画を分析した方がいい!」


けどね、

アナリティクスを見て分析って言われても、

具体的にどの数字を見ればいいのか分からないし、

 

その数字を見たところで、

どうやって判断すればいいかわからない。


悩むよねー、、、

 

例えば「再生回数」「登録者数」といった

わかりやすいデータなら見ればすぐわかる。

 

「あっこの日の動画再生数、多い!」とか

「この日に登録者数、増えてる!」とかね。

 

けど

「それ以外のデータっていったい何なんだよ?」

 

どのデータを見て、それがどのような意味なのか

それをどう活用すればいいのか、あまりよく分からないよね?

 

そしてそんなあなたが、このブログを見ることによって

具体的にアナリティクスの、

 

どの数字が重要なのか?

どうして重要なのか?

じゃあどうすればいいのか?

 

こういった具体的なことが分かって、

 

再生回数や登録者を増やす一番大事なアナリティクスの数字、基準、

これについて理解することができます!

 

 

 

 

 

結論!

再生回数や登録者を増やす方法、

1番大事なアナリティクスの2つの数字は

 

「視聴時間」「視聴者維持率」

この2つです!

 

でここで大事なポイントは、

 

視聴回数とか登録者数とか、

誰もが見てる、誰もが気にしてる数字は、

全く重要じゃないよってことね!

 

この「視聴時間」というのは、

視聴者がその動画に対して見た時間の長さ。

 

そして「視聴者維持率」というのは、

視聴者数がどれぐらい維持されてきたのか

という数字

 

例えば、

10分の動画を公開して

平均で3分、見られてました。

 

ということだったら、

平均視聴時間は3分

そして視聴維持率は30%

 

この視聴時間と視聴者維持率を確認するには

googleスタジオのアナリティクスからだったり、

f:id:nishikazu2020:20200331224908p:plain

 

アプリだと「YouTtube Studio」というアプリが

操作も簡単で見やすいからおすすめです!

f:id:nishikazu2020:20200331224935p:plain

 

 

理由は?

ここから、なぜその2つが1番重要なのか?

という話をしていきます!

  

視聴時間・視聴者維持率

この数字が高ければ、

YouTubeにお勧めしてもらえるんだよね!

 

YouTubeにお勧めしてもらえれば、

再生回数、登録者数は上がる。

 

逆に言えば、

視聴時間そして視聴者維持率

この数字が悪かったら、

YouTubeにお勧めしてもらえない。

 

おすすめしてもらえなければ、

再生回数や登録者を増やすのは、

極めて難しいんだよね。

 

その根拠としては、

YouTubeの再生回数が上がる仕組み

というのに関わってくるんだよね。

 

そのYouTubeの再生回数が上がる仕組みは

次の5つ!

  • オススメ動画
  • 関連動画
  • YouTube検索
  • google検索
  • SNSのシェア

 

これについて少し説明すると、

 

「オススメ動画」というのは、

ユーザーがYouTubeのアプリやブラウザを開いたときに、

最初に表示されるホーム画面の動画のこと。

f:id:nishikazu2020:20200331225737p:plain

これは日々自分が見てる動画に、

類似されたものが、ここに表示されやすい。

 

 

「関連動画」

これはYouTube動画を見た時に、

スマホの下だったり、ブラウザの右側に表示される動画。

f:id:nishikazu2020:20200331225844p:plain これは、いま見てる動画に関連する動画がほとんど。

 

 

「YouTube検索」

YouTubeで何かを検索するときに、文字を入力して検索される動画。

 

「google検索」

googleで何か検索する時に、googleのページに表示される動画。

 

「SNSのシェア」

ツイッターなどのタイムラインで、シェアされて回ってくる動画。

 

一般的な人は、YouTubeを見る時に、

ほとんどの場合が、

・ホーム画面のオススメ動画

・関連動画

から見る。

 

つまりYouTubeというのは、

・ホーム画面のオススメ動画

・関連動画

からしかほぼ見られない!

 

だからもし、

あなたの動画がほとんど誰にも見られてない

ってことなら、

 

あなたの動画は、他の人がYouTubeを見る時に、

ホーム画面のオススメ動画だったり関連動画に、全く表示されてないんですよ!

ってことね!

 

 

じゃあなぜ、あなたの動画が、

他の人のおすすめ動画だったり関連動画に表示されないのか?

と言うと、

 

あなたの動画、

YouTubeさんからの評価が良くないってことなんだよね!

 

じゃあ、

「YouTubeさんからの評価を良くしたい!」
「他の人のオススメ動画や関連動画に表示されたい!」

「どうすればいいの?」

 

ってことで

重要になってくるのが結論でお伝えした項目、

「視聴時間」「視聴者維持率」この2つなんだよね!

 

この数字が高ければ、

他の人のYouTubeのおすすめ動画や関連動画に表示してもらえる。

見てもらえる可能性が高くなる。

 

この数字が悪ければ

他の人のおすすめ動画や関連動画には表示されない。

見てもらえる可能性は限りな低くなる。

  

 

具体的な数字は?

そしてこの視聴時間、視聴者維持率、

具体的にどれぐらいの数字がいいのか?

どれぐらいの数字が基準なのか?


視聴者維持率40%以上

この数字が合格ギリギリのラインと言われてます。

 

あくまでも合格ギリギリのライン。

人気チャンネルの中には、視聴者維持率70%,80%以上ばかりの動画、

という人もいる。

 

5分の動画だったら

視聴時間2分以上

視聴者維持率40%以上

 

10分の動画だったら

視聴時間4分以上

視聴者維持率40%以上

 

気をつけてほしいことがあって、

この視聴者維持率の基準の数字は、

その動画の長さによって変わってきますよ!ってことね。

 

長時間の動画だと、

視聴者維持率は低くなってしまう傾向にある。


逆に短時間の動画だったら、

視聴者維持率は高く維持できる傾向にあるんだよね。


だから短時間の5分ぐらいの動画だったら、

視聴者維持率40%は、まだまだ低いのかもしれない。

 

逆に長時間の20分ぐらいの動画だったら、

視聴者維持率40%は、めちゃくちゃいい数字の可能性も高いっ!

 

だから、

まず、あなたのYouTubeチャンネルの視聴者維持率をチェックする。

 

そしてもし視聴者維持率が、40%以下の動画ばかりなら、

まず視聴者維持率40%以上の動画を目指す、作る。

 

そしてもしあなたの動画が、視聴者維持率40%以上の動画ばかりなら、

もっともっと上、視聴者維持率50%60%を目指す。

さらに、少し長めの動画にも挑戦してみて、その動画で視聴者維持率40%以上を目指す!

 

 

まとめ

まとめます!

 

再生回数や登録者数を増やす方法、

1番大事なアナリティクスの数字は、

視聴時間・視聴者維持率の2つ。

 

その理由としては、

視聴時間・視聴者維持率が高ければ、

YouTubeにお勧めしてもらえるから。


YouTubeにお勧めしてもらえれば、
他の人のホーム画面のオススメ動画や関連動画に表示してもらえる。

 

すると、

見てもらえる可能性は抜群に上がり

再生回数や登録者も増える可能性が高まる。

 

そしてその視聴者維持率、

合格ラインは最低40%以上。

 

まずここを目指す!

ひとまず動画の視聴者維持率チェックしましょう!

 

 

以上! 

おしまい。

 

「YouTubeマーケティング研究所」のニシカズ でした♪

ちゃお☆