ニシカズの「YouTubeマーケティング研究所」

YouTube界の情報や動向に特化した情報を発信や!!

【おすすめ】登録者数300人達成までにやったこと36個を徹底解説!登録者数1000人いくぞ!

ちゃお☆

「YouTubeマーケティング研究所」のニシカズ です♪

 

YouTubeで、今回のブログの詳細解説してるよ♪


【おすすめ】登録者数300人達成までにやったこと36個を徹底解説!登録者数1000人いくぞ!

 

 

今日は、私、ニシカズ、

弱小チャンネルが、登録者数300人到達するまでにやったこと36個を徹底解説!

という内容でいききます。

 

 

 

 

あなたが結果が出ない理由

で、なぜ、たった300人の登録者数の達成の話しをするのかと言うと、

これが、登録者数1桁や2桁の登録者数のチャンネルの人にとっては、

すごく大ききな意味がある話しだと考えてるからなんだよね。

 

だいたいこういった企画って、

登録者1,000人達成するまでにやったこと、とか、

登録者10,000人達成するまでにやったこと、とか、

といった大きな切りのいい数字でやってる人は多いんだけど、

 

登録者が1桁とか2桁の人が登録者数を100人や200人まで上げる戦略と、

登録者数1,000人とか、登録者数1万人の人が登録者数を何万人と上げる戦略とは、

全く違ってくると考えてるんだよね。

 

登録者が1桁とか2桁の人が、

登録者数1万人とか登録者数1000人とかの人がやった戦略を取り入れたところで、

同じ結果が出る可能性は低い、

と考えてるんだよね。

 

もちろん意味あるし、参考にすべきことは多いと思う。

 

けど、同じようなことをやって、同じような結果が出るのか?

となった場合、

 

私ニシカズは、

「同じような結果はムリとはいわないけど、あまり意味がない可能性も高い」

と考えてるだよね。

 

だってそうでしょ?

これを見てるぐらいの人だから、

 

他のユーチューバーの人が公開してくれてる動画やブログ、

「登録者数1,000人達成までにやったこと」とか

「毎日登録者数100人伸ばすためにやったこと」とか、

見たことあるでしょ?

 

そして、実際に取り入れたりしてるでしょ?

そして、残念ながら、なかなか結果が出てないでしょ?

 

じゃあ、なぜ結果が出てないのかと言うと、

登録者数1桁や2桁の人がとる戦略、

登録者数1,000人の人がとる戦略、

登録者数1万人の人がとる戦略、

これは違ってくるから。

 

というわけで、

なぜ、登録者数によってとる戦略が違ってくるのか?

と言う話しや、

 

私、ニシカズが、

登録者数300人到達までに実際にやったこと36個を、

これから話していきたいと思います。

 

 

チャンネルには「パワー」がある

なぜ、登録者数によってとる戦略が違ってくるのかと言うと、

チャンネルには、パワーがあるんだよね。

 

これ、登録者数の大きさの話しじゃないよ、

チャンネル全体としてのパワーの話しね。

 

チャンネル登録者が多くても、

チャンネルとしてのパワーが小さいチャンネル

もあれば、

 

チャンネル登録者が少なくても、

チャンネルとしてのパワーが大きいチャンネル

もある。

 

言いかえるなら、

そのチャンネルが、どれくらいYouTubeから信頼されているのか?

この信頼度のレベルによって、各チャンネルにのパワーがが違うよ

って話しね。

 

じゃあ、このYouTubeチャンネルパワー理論、

チャンネルのパワーを上げるにはどうしたらいいのか?

その答えは、

 

一番大事なことは、

「チャンネル全体の視聴時間の長さ」を上げる

ということなんだよね。

 

つまり、

「チャンネル全体の視聴時間の長さ」が、チャンネルのパワー。

 

「チャンネル全体の視聴時間の長さ」が、

YouTubeが一般の人に、

動画をおすすめするか、しないかの判断に大きく関わっくる。

 

ここを間違えたらダメだからね。

YouTubeをやってる人、ほとんど結果が出てない人、

そうゆう人は、まずここが違うんだよね。

 

そうゆう人は、

自分の動画をいかに見てもらうか?

自分のチャンネル登録者をいかに増やすか?

をまず考えてるんだよね。

 

違うんだよね。逆なんだよね。

考えるべきことは、

YouTubeはユーザーにどんな動画をおすすめしたいのか?

この発想から、すべて動画を作っていくんだよね。

 

だから、今から話す、

私ニシカズが登録者数300人到達までにやったこと36個、

というのは、

すべてこの考え方を元にしてるってことね。

 

この考え方を間違えると、

言ってることの意味が大きく違ってくることもあるから、

気をつけてね。

 

 

チャンネル登録者数の推移

ちなみに、

YouTubeマーケティング研究所の、

チャンネル登録者数は、このように推移してます。

f:id:nishikazu2020:20200406004854p:plain

 

いちおう、

今の所は、少なからず順調に推移してます。

1日あたり、だいたい10人〜20人くらいの登録者数の増加という感じかな。

 

 

やったこと36個はこれ

よし、そして、

前置きだいぶ長くなったけど、

私ニシカズが登録者数300人到達までにやったこと36個はこれ!

 

※この36個の施策の詳細説明はYouTube動画を確認ください

f:id:nishikazu2020:20200406005603p:plain

【データ分析】

・視聴時間

・視聴者維持率

・インプレッション数

・インプレッションのクリック数

・インプレッションのクリック率

 

【具体的な施策】

・動画を毎日更新

・動画を出す時間

・タイトル・説明欄・タグ

・タイトルはキーワードやSEOに寄せる

・サムネイル

 

動画構成など

・視聴者維持率の高い動画構成

  1.概要  2.共感  3.ベネフィット

  4.チャンネル登録への誘導

  5.結論  6.理由

・冒頭にタイトル動画を流すのをやめた

・エンディングを短くした

・チャンネル登録を促す話を入れた

・チャンネル登録の促し方を変えた

・全テロップ

・コメントや高評価アップの施策

・長時間の動画にしない

 

【外見や見た目】

・服装

・髪型・ひげ

・背景

 

【話し方】

・笑顔で話す

・多くの表情を見せて話す

・自信を持って話す

・あの人だったらどう話すか?

・台本を書く

 

【動画のテーマ・ジャンル】

・テーマを深くする

・人気動画から動画を作る

・キーワードから動画を作る

・初心者向けと初心者以外向け

・ストック型とフロー型

・狙うのは、なるべく格下を意識

 

【その他】

・ブログ

・人間性を出すためにお茶を飲む

・タイトルにの最初に【◯◯◯】

・ツイッターで営業メッセージ

 

 

いっぱいあるよね?

とにかく、やれること、

やった方いいかもしれないと思ったこと、全部やってます。

 

めちゃくちゃ細かいこともあるけど、

参考になることもあると思ったから、それもすべてのせてます。

 

もちろんこの内容が、すべて正解か?といったらそうでもないと思う。

チャンネルの、ジャンルやテーマによっては違ってきたり、

その人のキャラクターによっても違ってきたり、

ニシカズのこのやってる事が実は間違ってるということも、あると思います。

 

ただ、これらは実際にやったことで意識してやっていることです。

どのジャンルの人でも、少なからず参考になることもあるかと思います。

ぜひ、参考にして下さい♪

  

ま、そんなわけで

今日の話しは以上です!

おしまい。

 

 

「YouTubeマーケティング研究所」のニシカズ でした♪

ちゃお☆