ニシカズの「YouTubeマーケティング研究所」

YouTube界の情報や動向に特化した情報を発信や!!

【底辺ユーチューバー閲覧注意】Youtubeで月5万円稼ぐには、どれくらいの登録者数や再生回数が必要なのか?

ちゃお☆

「YouTubeマーケティング研究所」のニシカズ です♪

 

YouTubeで、今回のブログの詳細解説してるよ♪


【底辺ユーチューバー閲覧注意】Youtubeで月5万円稼ぐには、どれくらいの登録者数や再生回数が必要なのか?

 

 

今日は、

youtubeで月5万円稼ぐには、

どれくらいの登録者数や再生回数が必要なのか?

徹底分析!

というテーマで行きます!

 

 youtube登録者数、

どれぐらいでいくらぐらい稼げるのか

気になるよね?

 

さらに、これを見ている、

底辺youtuberのあなたたち!

 

やっぱり現実的な金額、

例えば、youtubeで月5万円稼ぐには、

 

どれぐらいの登録者数が必要なのか?

どれぐらいの再生回数が必要なのか?

気になるよね?

 

そこで、

youtubeマーケティング研究所、私、ニシカズ

今回、徹底的に調べて分析しました!

その具体的な数字を、今から発表していきます!

 

この数字を見れば、

「おっ!!これぐらいの数字だったら俺でも行けるかも!」

という具体的な目標がわかり、

やる気がじゃんじゃん出てくると思います!

 

もしくは、

「えっ!!5万円そんなに難しいの??

と、落ち込む人も出てくるかもしれません。笑

 

 

 

 

結論!

それでは結論いきます!

 

youtubeマーケティング研究所の独自分析により、

youtubeで月5万円稼ぐには、

どれぐらいの登録者数や再生回数が必要なのか?

 

【登録者数】

エンタメ系  登録者数  1万人

ビジネス系  登録者数  3,000

※ただしこれは毎日投稿した場合

 

【再生回数】

エンタメ系  1ヶ月  50万回再生

ビジネス系  1ヶ月  10万回再生

 

という結論になりました!

 

 

説明

これを説明していきます!

 

まず伝えておきたいのが、

この数字は、データ分析や推測によって、おおよその数字を出しただけ。

 

実際は、チャンネルによって、

月に投稿した動画の本数によって、

動画の再生回数によって、

 

などなど、

そのチャンネルによって収益は、大きく違ってくるんだよね。

 

だから実は、

youtubeの収益には「登録者数」は、

ほとんど全く関係ないんだよね。

 

 

だからさっき、

登録者数は◯◯人必要です!

って言ったけども、

 

これはデータ分析によって、

本当におおよその数字を出しただけ。

無理やりデータから推測しておおざっぱな数字を出しただけ。

 

 

YouTubeの収益の構造は?

これはなぜかと言うと、ご存知の人も多いように、

 

youtubeでもらえるお金の計算式はコレ!

広告回数 × 広告の単価

 

つまり、登録者数は全く関係ない。

登録者数1,000人ぐらいでも、めちゃくちゃ稼いでる人もいれば、 

登録者、数万人とかでも、あまり稼げてない人もいる。

 

この「広告の回数」というのは

本当に分かりやすく簡単に説明すると

 

例えば、

「長い動画」

具体的には10分以上の動画だと、

広告の回数をいっぱい入れることができる。

 

だから単純に長い動画、

 10分以上の動画の方が広告を多く表示できる。

 

もちろん、

広告が多い動画は嫌がられるから、

広告を入れたりしすぎると、再生回数が減ったりするなど。

マイナスはあります。

 

そして動画本数が多ければ多いほど、

広告回数が多いから、

多くの動画をあげる方が、多くの広告を表示することができます。

 

つまり、

動画投稿数が多くて、

さらに時間の長い動画だと

広告の回数は多くなります!

 

 

そして次に「広告の単価」

これはチャンネルの質や、動画の質によって、

広告の単価が大きく違ってきます。

 

例えば、

お金のないであろう、10代向けのエンタメ系の動画と、

お金にある程度余裕のあるであろう、ビジネスマン向けの動画を比べた場合、

ビジネスマン向けの動画の方が広告単価が高かかったりします。

 

もっともっと細かい、いろんな要素が絡むんだけど、

広告の単価というのは、チャンネルの質や動画の質によって

多きく違ってくる

 

つまり、まとめると、

 

youtubeの収益というのは、

再生回数が多いほど高い

広告の回数が多いほど高い

広告の数が多いほど高い

再生される時間が長いほど高い

動画の質が良いほど高い

見てる人の年収が多い方が高い

 

このような、いろいろな要素が絡んでくる。

 

 

1再生あたりいくら?

そしてよく言われるのが、

動画の1再生あたりいくら?

 

さっき言ったように、広告収益というのは、

動画によって大きく違ってくる。

 

これを大雑把に、チャンネルやジャンルを分類したとして、 

だいたい1再生あたりこれぐらいになるよ

という、推測の数字は出せるんだよね。

 

具体的に言うと、

 

【1再生あたりの金額】

エンタメ系  1再生あたり  0.1

UUUM  1再生あたり  0.265

ビジネス系  1再生あたり  0.5

 

つまり、

今回のテーマである月5万円と考えた場合、 

エンタメ系  1ヶ月  50万回再生

ビジネス系  1ヶ月  10万回再生

 

 

登録者数から考えるには?

次に、

登録者数は何人ぐらい必要なのか?

ということなんだけど。

 

これはめっちゃ難しいんだよね。

チャンネルによって月の動画の投稿本数は全く違う。

 

さらに、もし、

全部のチャンネルが、

1月毎日30本投稿してたとしても、 

その中の一本一本の動画の再生回数って全然違ってくる。

 

だから、今回は本当に無理やり数字を出しました

 

ノックスインフルエンサー」とうサイトを元に、 

数々のチャンネルを見て分析して、

本当に大雑把な具体的な数字を出しました。

 

その無理やり出した数字、 

月に5万円稼ぐのに必要な登録者数というのが、

 

エンタメ系 登録者数 1万人 

ビジネス系 登録者数 3,000

 

となったんだよね。

 

さらにこれは、ほぼ毎日投稿した場合。

これぐらいの登録者数で、ほぼ毎日投稿した場合、

 

5万円の収益になってる人の割合が、

 「まあまあ多かったよ」という、

本当におおざっぱな数字です

 

 

まとめ

f:id:nishikazu2020:20200410234853p:plain

 

ただ、何度も言ってるけど、

この数字は、本当に申し訳ないけど、そこまで正確な数字ではないです。

 

なぜならチャンネルや動画や投稿本数などによって

収益は全く違ってくるからです。

 

まぁどちらかといえば、

登録者数より再生回数のが正確な数字です。

 

理由は、

youtubeの収益は広告回数×広告の単価

で、決まってくるからです。

 

どうだったかな?

 

5万円稼ぐのに具体的な数字がわかって 

やる気出たかな?

 

まあ底辺ユーチューバーのあなた達は、 

ひとまずここの数字を目指して、じゃんじゃん行きましょう!

 

 

以上です!

おしまい。

 

 

「YouTubeマーケティング研究所」のニシカズ でした♪

ちゃお☆